投資

ソーラー発電投資の仕組み・リスクは?【メディオテックで土地選定】

スポンサーリンク
太陽光発電投資の仕組み・リスクは?【メディオテックで土地選定】投資
悩むうさぎ
悩むうさぎ
  • 太陽光発電投資の仕組みは?
  • メリット、デメリットは?
  • リスクはあるの?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 太陽光発電投資の仕組み
  • メリット、デメリット
  • おすすめの提供会社

安定した定期的な収入を得やすい太陽光発電投資。

不動産投資をしようか考えたことのある方なら、もしかしたら聞いたことはあるのではないでしょうか。

あまり認知度としては高くありませんが、安定した収益を上げることのできる投資として知られている投資方法です。

この記事では、太陽光発電投資の仕組み、強みやリスク、おすすめの投資提供会社メディオテックのリスク回避についてご紹介しています。

 

太陽光発電投資とは

「太陽光投資」は、太陽電池パネルを利用して生み出したエネルギーを、電力会社に売却して利益を得る投資手段です。

個人でもできて、安定して収入を得ることのできる投資の一つです。

太陽光発電といえば、住宅の屋根に取り付けるイメージかと思います。

太陽光発電の投資はそれとはちょっと違い、開いた土地にずらりと並ぶ太陽電池パネルを所有し、そこで発電した電気を売却するイメージです。

「発電施設持ってるんだよ」なんて人に言えたら、ちょっとカッコ良いですね。(笑)

太陽光発電投資とは

 

土地や発電設備はどうするの?

太陽光発電投資を行うには土地と設備が必要になります。

太陽電池パネルと土地がセットになった物件もあるため、土地を保有していなくても始めることが可能です。

設備については、太陽光パネル(ソーラーパネル)の法定耐用年数は17年と定められており、実際は20~30年稼働しているものもあるとのこと。

土地選びや設備のことは、多くの疑問を持つかと思いますので、そこは太陽光発電投資を提供している業者に問い合わせてみると良いでしょう。

 

太陽光発電投資のメリット、デメリット

太陽光発電投資にはどのような強み、どのようなリスクがあるのかをご紹介します。

メリット① 利回りが高い

投資額に対する利益率は「1年あたり10%前後」が目安だと言われています。

つまり、おおよそ10年で投資額を回収できる計算になります。

投資額1,000万円だとすると、10年で元金を回収し、その後は毎年100万円の収入になるイメージです。

現在は売電価格は下落傾向にありますが、その分、参入コストも低下しているので、利回り10%前後の確保ができているといった状況です。

まだまだ利益を上げることのできる投資であることがメリットになります。

メリット② 安定した収益になりやすい

不動産投資と違って安定した収入を20年間は得られることがメリットになります。

不動産投資の場合だと空室になった際の利益はゼロになります。

一方、太陽光発電所では日射量の低下や設備の故障にならない限り、発電できない状況にはならないので安定した収益を得やすくなっています。

メリット③ 節税ができる

設備投資による減価償却費の計上によって、税負担を軽減する方法を取ることができます。

また、メンテナンス費用を始めとする複数のコストを経費として計上できるため、所得税を安くすることができます。

デメリット① 悪天候や経年劣化で発電量が低下する

太陽光発電は天候や砂などの汚れにより、発電量が低下するというデメリットがあります。

汚れによる発電量の低下はそのまま損失に繋がってしまうので、そうならないためにも太陽光パネルやパワーコンディショナーやブレーカーなどが正常に作動しているかをメンテナンスする必要があります。

太陽光パネルの経年劣化での発電量低下は毎年0.5%ほどのようです。

デメリット② 売電価格が下がっている(市場価格になじんできている)

今まで高い金額で電気の買取ができていたのは、国が再生可能エネルギーを普及させるため、FIT制度(10年間、同一価格で電気を買い取ってもらえる制度)が導入されいたからです。

この制度が終了した今、買取金額の保証が無くなるため買取金額が通常の市場価格に基づいた金額にシフトしてきています。

以前より売電価格は下がってきていますが、利回り10%前後を確保できるのであれば、まだまだ投資する価値はあります。

デメリット③ 出力制御

めったに起こることはありませんが、出力制御をされてしまい電力会社に売電できない状況になる場合があります。

出力制御とは、電力会社の需要を上回る発電量になった場合に太陽光発電を絞られてしまうことです。

電気は貯蔵できないため、需要と供給のバランスを保たなければ適切な周波数が保てなくなり、大規模停電が発生してしまう恐れがあるからです。

 

ここでは、太陽光発電投資の強みやリスクについてお話しました。

もっと詳細に知りたい方は、【メディオテック】で無料で資料を取り寄せてみてください。

 

太陽光発電投資はどれくらい儲かるの?

太陽光発電投資は土地や設備を購入(投資)し、利回りに応じた収入が毎年の収入になります。

投資額に対する利益率は「1年あたり10%前後」が目安だと言われているので、おおよそ10年で投資額を回収できる計算になります。

投資額1,000万円だとすると、10年で元金を回収し、その後は毎年100万円の収入になるイメージです。

仮に発電量が少なく、利益率が10%に満たないとしても、太陽電池パネルは長期利用を前提に設計されているため、長期的に運用すれば投資額以上の資産を手にすることは可能です。

太陽光発電投資はどれくらい儲かるの?
参考:スマエネ

 

太陽光発電投資を提供するメディオテックのおすすめポイント3つ

太陽光発電投資を始めたいと思っても、提供している会社はいくつもあるので、どの会社が良いか迷ってしまいますよね。

そんな方に紹介したいのが、20年以上の実績のある【メディオテック】という会社です。

メディオテックがおすすめな理由はたくさんありますが、その中でも3つをご紹介します。

おすすめポイント1.リスク回避に徹底している

台風や豪雪など大抵の自然災害には耐久性は確保されているものの、大地震や洪水による設備損壊のリスクがあります。

また、日照条件が悪く低発電量により売電収入が低くなってしまうリスクもあります。

メディオテックのおすすめポイントは、このようなリスクを避けるために徹底した土地選定を行っているところになります。

おすすめポイント2.初期費用0円から始められる

太陽光発電投資にはある程度の初期費用が発生します。

メディオテックのおすすめポイントは、メディオテックのローンを使えば初期費用0円での購入が可能なところです。

しかも初年度に限り、支払った消費税がそのまま返ってくる「消費税の還付」を受けることも可能になります。

おすすめポイント3.アフターフォローへの対応がある

きちんとお客様のアフターフォローをする信念の元、太陽光発電投資の提供をしてくれています。

買ったは良いけどアフターフォローが受けられなければ、売り逃げされた気分になってしまい、嫌な思いになってしまいますよね。

メディオテックではお電話で設備トラブルへの対応をしてくれるので安心です。

 

まずは無料資料請求から

太陽光発電投資を始めるならば、まずは無料の資料請求から始めましょう。

資料請求を行ってからある程度理解したうえで不明点を問い合わせることで、相談事がスムーズに行えるはずです。

太陽光発電投資「メディオテック」への資料請求は公式サイトから行うことができます。

公式サイト【メディオテック】
まずは無料資料請求から
参考:【メディオテック】

今回は太陽光発電投資を提供する【メディオテック】をご紹介しましたが、他にもスマエネなども同じようなサービスを扱っています。

取り扱っている物件や利回りなどの差はありますので、ぜひ2つとも無料資料請求を行って、それぞれの物件や利回りを比較してみて下さい。

また、全国の信頼できる会社から複数見積もりを無料でとれる産業用太陽光発電】グリーンエネルギーナビ見積もりプログラムというものもありますので、利用してみると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました