脱毛

美容ブラントから販売!ドクターエルミスゼロ【なでるだけで超簡単】

スポンサーリンク
家庭用脱毛器『ドクターエルミスゼロ』はなでるだけで簡単脱毛脱毛
悩むうさぎ
悩むうさぎ
  • ドクターエルミスゼロってどんな脱毛器なの?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 使い方
  • 使える体の部位
  • 使える回数
  • 脱毛周期の目安
  • おすすめの購入方法

今回は、自宅でできる家庭用脱毛器『ドクターエルミスゼロ』について解説しようと思います。

 

ドクターエルミスゼロってどんな脱毛器?

ドクターエルミスゼロは、ウェルネス美容ブランド「DR.ELLEMISS」ブランド初の家庭用脱毛器です。

サロンクオリティをそのままに、ムダ毛ケアと美肌ケアが同時にできる優れもの。

  • 痛くない
  • 光自動調整機能搭載
  • ムダ毛ケアと美肌ケアが同時にできる
  • 全身のムダ毛ケアが最短2分50秒で行える
  • 全身脱毛2000回分使える
  • 20年以上使える
  • カートリッジ交換不要
  • 軽量コンパクトサイズ

広告には、「CLASSY、美人百花、Oggi」など数々の女性誌で活躍する愛甲千笑美さんを起用しています。

もちろん男性の脱毛ケアにも使うことが可能です。

脱毛サロンのように痛みがあると通うのに抵抗がある方もいるので、「痛くない」というのは嬉しいポイントです。

 

使い方

脱毛手順はいたってシンプルなので誰でも簡単に脱毛をすることができます。

使用前にジェルを塗ったり、使用後に照射部を冷やしたりなど、手間のかかることは一切ありません。

脱毛の手順は下のようになっています。取扱説明書通り使用すれば簡単に脱毛ができますよ。

  • あらかじめ、脱毛箇所を除毛する
  • 対象部位用のアタッチメントを装着する
  • 電源アダプタを接続し、本体の電源を入れる
  • 専用のサングラスをかける
  • 本体をなでるように移動させる

ドクターエルミスゼロの使い方
参考:ドクターエルミスゼロ

 

使える体の部位

ドクターエルミスゼロが使える体の部位は下の図のようになっています。

Vライン(両足の付け根)にのみ使用でき、Iライン(外陰部や腟部)やOライン(肛門)は使用できません。

ドクターエルミスゼロが使える体の部位
参考:ドクターエルミスゼロ

陰部や肛門には使えませんが、脱毛サロンのように痛みがあると通うのに抵抗がある方もいるので、「痛くない」というのは嬉しいポイントです。

 

使える回数

ドクターエルミスゼロの脱毛器は、照射回数最大で120万発分使うことができます。

ドクターエルミスゼロの使える回数
参考:ドクターエルミスゼロ

アタッチメントはボディ/ビキニ用と、フェイス用の2種類があり、各最大60万発ずつと大量に使えます。

ドクターエルミスゼロの使える回数
参考:ドクターエルミスゼロ

全身脱毛の回数にすると2000回分。

大容量なのに、全身脱毛1回分がたったの12.5円に相当するので、高コスパの家庭用脱毛器です。

とても一人で使い切れる容量ではないので、親子や姉妹などで共有してつかうのも良いですね。

 

ちなみに、残りの照射回数は本体ディスプレイで確認することができますよ。

ドクターエルミスゼロの使える回数
参考:ドクターエルミスゼロ

 

脱毛周期の目安

ドクターエルミスゼロでは、使ってから2日以上開ければ週に1~3回のケアを行って良いとのこと。

ちなみに、脱毛サロン経験者の私の個人的な意見ですが、始めは短めの周期でお手入れをし、効果を感じ出したらペースを落とすと非常にラクです。

 

ドクターエルミスゼロは医療脱毛ではなく家庭用脱毛器なので、永久脱毛できる効果はありません。

しかし回数を増やしてしっかりと脱毛すれば、十分に綺麗に脱毛出来ます。

 

ドクターエルミスゼロは公式サイトからの購入がおすすめ

公式サイトでご購入するメリットとしては、故障時の際の手厚いアフターサポートを受けられることです。

  • 電話・メールサポート
  • 保証期間中100%修理保証
  • 保証が切れた際の買い直し30%オフ

家電製品ですので故障へのリスクが無いわけではなく、やはり本来のアフターサポートは欠かせませんよね。

公式サイトからのご購入だと、故障時のアフターサポートもしっかりと受けることができますよ。

ドクターエルミスゼロは、サロンクオリティをそのままに、ムダ毛ケアと美肌ケアが同時にできる優れもの。

使える回数を全身脱毛の回数にすると、なんと2000回分もの大容量で、全身脱毛1回分がたったの12.5円に相当する高コスパの家庭用脱毛器です。

ぜひ、ドクターエルミスゼロで、綺麗でツヤのある滑らかな肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

サロン技術のホームエステ脱毛【ドクターエルミスゼロ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました