脱毛

人気の家庭用脱毛器のデメリットを当ブログでズバッと徹底比較

スポンサーリンク
人気の家庭用脱毛器のデメリットを当ブログでズバッと徹底比較脱毛
悩むうさぎ
悩むうさぎ
  • 家庭用脱毛器ってたくさんあるけど、結局どれが良いの?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 人気の家庭用脱毛器 良い所・悪い所
  • 人気の家庭用脱毛器のデメリット
  • 人気の家庭用脱毛器のおすすめポイント

家庭用脱毛器といってもたくさんありますが、どれを選べば良いかよくわかりませんよね。

人気の家庭用脱毛器というとだいたい以下のような脱毛器が上がってきます。

  1. ケノン
  2. 2PSクリスタル
  3. 脱毛ラボ ホームエディション
  4. ドクターエルミスゼロ

ちなみに、上記の並び順は『脱毛効果がある』という口コミの順番に並べたもので、1番人気は『ケノン』です。

しかしながら、どの家庭用脱毛器にも良い所や悪い所があります。

当記事では、人気の家庭用脱毛器の良いところや悪いところをズバッと比較し、皆様に紹介しちゃいます。

家庭用脱毛器の購入をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

人気の家庭用脱毛器 良いところ・悪いところ

ケノン、2PSクリスタル、脱毛ラボ ホームエディション、ドクターエルミスゼロの良いところ・悪いところをまとめました。

ケノン 良いところ・悪いところ

ケノンの良いところと悪いところをまとめました。

良いところ脱毛の即効性がある
美顔器としても使える
コストパフォーマンスが良い
悪いところ照射する前後には保冷剤での冷却が必要
IOラインは推奨されていない

家庭用脱毛器の中で「効果がある」という評判の良い口コミが多く、売上台数TOPクラスの家庭用脱毛器がケノンです。

自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

ケノンの家庭用脱毛器が気になる方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

【郡を抜くパワーで人気】ケノンの効果・口コミを徹底調査
ケノンの使い方や使える体の場所を解説します。 ケノンは充分すぎる脱毛能力を持つことで、レビュー数、売上台数TOPクラスの家庭用脱毛器です。 脱毛サロンが続かない人がケノンに乗り換えるほどの脱毛能力の実感があり、コストも大きく抑えることができます。

 

2PSクリスタル 良いところ・悪いところ

2PSクリスタルの良いところと悪いところをまとめました。

良いところVIOライン対応している
時間短縮できる
脱毛の即効性がある
悪いところコストパフォーマンスが悪い

2PSクリスタルは、VIOラインに対応しており照射回数も100万回可能なコスパの良い韓国で製造されている家庭用の脱毛器です。

前モデル(旧:2PS)では、女性誌にも掲載された実績があります。

2PSクリスタル

2PSクリスタルの家庭用脱毛器が気になる方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

VIOラインに使える家庭用フラッシュ脱毛器『2PSクリスタル』
2PSクリスタルの使い方や使える体の場所を解説します。 2PSクリスタルは、2016年に女性誌に掲載された家庭用脱毛器「2PS」が、2018年に生まれ変わった新モデルが「2PSクリスタル」です。 ケアを速やかに行い方は『自動照射機能』がおすすめで、ボタンを押さずに肌の上を滑らすだけで自動で照射してくれるので、簡単に素早くケアが可能です。

 

脱毛ラボ ホームエディション 良いところ・悪いところ

脱毛ラボ ホームエディションの良いところと悪いところをまとめました。

良いところVIOライン対応している
痛みが少ない
悪いところ脱毛に即効性がない

全身脱毛で有名な脱毛サロン「脱毛ラボ」は、藤田ニコルさん、道端アンジェリカさんが広告を務める、若い女性たちの間で大人気の脱毛サロンです。

そんな脱毛サロンから、家庭用脱毛器 脱毛ラボホームエディションになります。

脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボ ホームエディションの家庭用脱毛器が気になる方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

モデルとコラボの脱毛器『脱毛ラボ ホームエディション』の口コミ・感想
脱毛ラボ ホームエディションを実際にご利用された方の中から、良い口コミと悪い口コミをご紹介します。 良い口コミとして多かったのが、「痛くない」「続けられそう」という口コミです。 そもそもこの家庭用脱毛器ですが「脱毛ラボ」のサロンで、ユーザーの生の声を元に開発した家庭用脱毛器です。

 

ドクターエルミスゼロ 良いところ・悪いところ

ドクターエルミスゼロの良いところと悪いところをまとめました。

良いところ時間短縮できる
痛みが少ない
大量に使える
悪いところ脱毛に即効性がない
IOラインは推奨されていない

ドクターエルミスゼロは、ウェルネス美容ブランド「DR.ELLEMISS」ブランド初の家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器ドクターエルミスゼロ

ドクターエルミスゼロの家庭用脱毛器が気になる方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

美容ブラントから販売!ドクターエルミスゼロ【なでるだけで超簡単】
ドクターエルミスゼロは、アタッチメントはボディ/ビキニ用と、フェイス用の2種類があり、各最大60万発ずつと大量に使えます。 全身脱毛の回数にすると2000回分。大容量なのに、全身脱毛1回分がたったの12.5円に相当するので、高コスパの家庭用脱毛器です。 とても一人で使い切れる容量ではないので、

 

人気の家庭用脱毛器のデメリットは?

ケノン、2PSクリスタル、脱毛ラボ ホームエディション、ドクターエルミスゼロのデメリットをご紹介します。

ケノンのデメリット

ケノンのデメリットは「照射する前後には保冷剤での冷却が必要」「IOラインは推奨されていない」ことです。

保冷剤で冷やす手間があるので、他の家庭用脱毛器と比べて脱毛に時間がかかります。

保冷剤でしっかりと冷却をしないと、照射時の痛みや、照射後のかゆみに繋がってしまうので、時間がかかっても冷却に手を抜いてはいけません。

照射可能な部位としてビキニラインのVラインは可能ですが、IラインやOラインは推奨されていないのもデメリットです。

ただ、自己責任でやっている方も結構多いので、そのような方を参考にしつつ処理をすると良いかもしれません。

 

2PSクリスタルのデメリット

2PSクリスタルのデメリットは「コストパフォーマンスが悪い」ことです。

一見、100万発照射できるので良さそうに思いますが、100万発照射が可能なのは照射レベルが1のときだけです。

照射レベルを最大の8にすると2万発しか照射することができません。

2PSクリスタルは照射回数の少ないので、コストパフォーマンスの悪さに繋がることがデメリットと言えます。

 

脱毛ラボ ホームエディションのデメリット

脱毛ラボ ホームエディションのデメリットは「脱毛に即効性がない」ことです。

カートリッジを交換すれば脱毛器本体の寿命がくるまで使える家庭用脱毛器もある中、脱毛ラボ ホームエディションは使い切りタイプになります。

照射回数も30万発分使えるので、脱毛に即効性があればコスパもそこそこ良いかもしれませんが、脱毛に即効性はあまりないことがデメリットになります。

 

ドクターエルミスゼロのデメリット

ドクターエルミスゼロのデメリットは「脱毛に即効性がない」「IOラインは推奨されていない」ことです。

ワキやヒゲ、ビキニラインといった毛根がしっかりしている部分は脱毛効果が感じにくいようです。

照射可能な部位としてビキニラインのVラインは可能ですが、IラインやOラインは推奨されていないのもデメリットです。

 

人気の家庭用脱毛器のおすすめポイントは?

ケノン、2PSクリスタル、脱毛ラボ ホームエディション、ドクターエルミスゼロのおすすめポイントをご紹介します。

ケノンのおすすめポイント

ケノンのおすすめポイントは「脱毛の即効性がある」「美顔器としても使える」「コストパフォーマンスが良い」ことです。

家庭用脱毛器の中でも、比較的早期に脱毛効果を感じられることができます。

美顔器として使う際は、IPL(Intense Pulsed Light)という複数の波長の光を肌に照射するのですが、この光は、メラニン色素やヘモグロビンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの再生・増正を促します。

しみ、そばかすをはじめ、肌の赤み、小じわやたるみ、毛穴の開き、にきび・にきび跡など、顔全体の若返り効果があるとのことです。

カートリッジを交換すれば長く使えるので、コスパもかなり良いと言えます。

 

2PSクリスタルのおすすめポイント

2PSクリスタルのおすすめポイントは「VIOライン対応している」「時間短縮できる」「脱毛の即効性がある」ことです。

VIOライン未対応の家庭用脱毛器もある中、2PSクリスタルはVIOラインにも対応しているので、見られたくない部分のケアが自分でできてしまいます。

照射部を保冷剤で冷やす手間なく、自動照射機能により肌の上を移動させるだけで自動で照射してくれるので、大幅な時間短縮が可能です。

照射レベルも調節でき、強めのレベルで照射を行えば比較的早く脱毛効果を感じられます。

 

脱毛ラボ ホームエディションのおすすめポイント

脱毛ラボ ホームエディションのおすすめポイントは「VIOライン対応している」「痛みが少ない」ことです。

VIOラインにも対応しているので、見られたくない部分のケアが自分でできてしまいます。

また、脱毛といえば痛みがある印象が強いですが、脱毛ラボ ホームエディションは痛みが少ないので継続しやすいことが大きなメリットといえます。

 

ドクターエルミスゼロのおすすめポイント

ドクターエルミスゼロのおすすめポイントは「時間短縮できる」「痛みが少ない」「大量に使える」ことです。

自動照射機能により、肌の上をなでるように移動させるだけで自動で照射してくれるので、大幅な時間短縮ができます。

また、痛みが少ないので脱毛を継続しやすいことがメリットといえます。

全身脱毛2000回分の容量なので、たっぷりと使うことができます。

 

今回は、人気の家庭用脱毛器、ケノン、2PSクリスタル、脱毛ラボ ホームエディション、ドクターエルミスゼロの良いところ・悪いところをご紹介しまいましたがいかがでしたでしょうか。

ケノンと脱毛器ラボ ホームエディションは、割引やキャンペーンを行っていることがあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

ちなみに、『脱毛効果がある』という口コミの順番に並べたもので、1番人気は『ケノン』なので、ご購入の際はぜひ視野に入れてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました