ブログ

ブログ記事で「質の高い記事」を書く方法【9項目のチェックリスト付き】

スポンサーリンク
ブログ記事で「質の高い記事」を書く方法ブログ
悩むうさぎ
悩むうさぎ
  • 質の高い記事とはどういった記事でしょうか
    質の高い記事の書き方を教えて下さい。

 

「ブログアフィリエイトで成功したければ質の高い記事を書け」と言われていますね。

 

検索エンジンから高評価を得ることができれば、検索からのアクセスが見込めますし、ユーザーから高評価を得ることができれば、拡散された口コミやSNSからのアクセスが見込めますね。

 

しかし、「質の高い記事」という言葉は漠然としすぎているので、分かりにくいという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな悩みも、本記事を読んでいただければ解決です。

 

この記事の内容

  • 質の高い記事の定義を解説
  • 質の高い記事の書き方を解説【チェックリスト付き】

 

質の高いサイトの条件とは、結論から言うと、質の高い記事を書き、最適な方法でインデックスさせたものと言えます。

 

質の高いサイトの条件

  • 検索エンジン最適化(クローラビリティ、インデックスの最適化)
  • 質の高い記事(ユーザーファースト)

 

今回は、「質の高い記事」を書く方法をチェックリスト付きでご紹介します。

 

質の高い記事の定義は?【既にGoogleが公開済み】

質の高い記事と言われても分かりにくいという方は、質の高い記事を書くことの目的を考えてみると良いです。

 

質の高い記事を書く目的としては、検索エンジンでの集客になるはずですね。

 

日本での検索エンジンのシェアNo.1はGoogleが80%以上を占めているので、Googleに好かれる(最適化された)記事を書くことが重要と言えます。

 

▼デスクトップのシェア

参考: StatCounter Global Stats – Search Engine Market Share

▼スマホのシェア

参考: StatCounter Global Stats – Search Engine Market Share

 

Googleに好かれる(最適化された)記事については、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドでも詳しく記載がありますので、これを参考にすると良いです。

 

ブログ記事における質の高い記事 9つのチェック項目

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドを元にGoogle好かれるであろう記事の書き方を抜粋し、チェックリストにして紹介します。

 

参考ですが、検索エンジン最適化スターターガイドの見出しはこんな感じです。

Googleがコンテンツを見つけられるようにする
クロール対象外のページを Google に指示する
Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする
Google 検索結果での表示を管理する
サイトの階層を整理する
コンテンツを最適化する

 

この中で、Google好かれる記事の書き方が記載があったのは、「Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする」「コンテンツを最適化する」の2つ。

 

これらを僕が独自にまとめた、9つのチェック項目を紹介します。

質の高い記事を書くための9つのチェック項目

  1. 有益な記事である
  2. 独自のコンテンツである
  3. 信頼性・専門性・権威性がある
  4. 適切なタイトルである
  5. 適切な見出しで区切られている
  6. 読みやすい文章である
  7. コンテンツの量が適切である
  8. 適切なリンクテキストである
  9. 広告が記事の邪魔をしていない

 

ひとつずつ説明します。

 

1.有益な記事である

googleによると、有益なコンテンツはどの施策よりも強い影響を与える可能背があるということを公言しています。

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

訪れたユーザーが求めているもの把握して提供する必要があります。

失敗しやすい事例としては、「あなたが書きたい記事」を書いてしまうことです。「あなたが書きたい記事」では、ユーザーが求めているものとはズレている可能性があるので、「あなたが書きたい記事」はあなたの心に閉まっておいてください。

 

「ユーザーが求める記事」を書くことが、有益な記事と言えます。

 

2.独自のコンテンツである

独自コンテンツであることで、既存ユーザーの再アクセス、新規ユーザーの獲得、SNSでの拡散を獲得できる可能性が高くなるというメリットがあります。

 

また、Googleではコピーして作成されたコンテンツは「避けるべき」と公言しています。

  • ユーザーに付加価値をほとんどもたらさない、既存のコンテンツの焼き直し(またはコピー)。
  • サイト上にコンテンツの複製やほぼ同じバージョンを掲載する。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

独自のコンテンツを作成するコツとしては、以下のようなことに取り組むと良いでしょう。

  • オリジナルの調査情報を記載する
  • 面白いニュース記事を公開する

「あなたにしか書けない記事」を書くことが重要になります。

 

3.信頼性・専門性・権威性がある

googleによると、信頼性・専門性・権威性がサイトの質を向上させることを公言しています。

  • 評価の高いサイトは信頼できるサイトです。
  • 専門性と権威性がサイトの質を向上させます。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

信頼性・専門性・権威性を向上させる方法としては、以下のようなことがあります。

  • サイト運営者、目的を記載する(責任者を記載する)
  • 引用元を記載する(何に基づいた情報なのかを示す)
  • 経験・実績を記載する(事実を示す)

これらをうまく用いて、信頼性・専門性・権威性を意識して記事を作成しましょう。

 

4.適切なタイトルである

タイトルは検索結果に表示される重要な部分です。

 

Googleでは下記の3つについて「避けるべき」と公言しています。

  • ページのコンテンツと関連のないタイトルを選ぶ。
  • ユーザーにとっては迷惑で意味のない、検索エンジン向けの不必要なキーワードを大量に挿入する。
  • 「無題」や「新しいページ 1」など、デフォルトのタイトルやあいまいなタイトルを使用する。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

タイトルは、読みやすく、ページのコンテンツが分かりやすく伝わるようにしましょう。

読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

5.適切な見出しで区切られている

見出しは、記事を読みやすくするための重要な要素です。

ページ上の見出しが多すぎると、ユーザーがコンテンツを読みにくくなり、1 つのトピックがどこで終了して次のトピックがどこから始まっているのか判断しにくくなります。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

Googleでは下記の3つについて「避けるべき」と公言しています。

  • ページ内で見出しタグを過度に使用する。
  • 見出しが非常に長い。
  • 構造を示すためではなく、テキストの書式を整える目的で見出しタグを使用する。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

適切な見出しで区切られていることで、読者がページ内のどの部分を読んでいるのか、把握しやすくなります。

ユーザーファーストを意識して見出しを設定しましょう。

 

6.読みやすい文章である

情報を盛り込みすぎた文章や、誤記の多い文章は読みにくい傾向があります。

 

Googleでは下記の2つについて「避けるべき」と公言しています。

  • 綴りや文法の間違いが多い、いい加減なテキストを記述する。
  • 文章が下手なコンテンツ。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

下記2を心掛けると、自然と読みやすい文章を書くことができます。

  • シンプルな文章(不要な情報は添削する)
  • 中学生でも分かる(無知な人でも理解できる)

 

7.コンテンツの量が適切である

質の高い記事の条件は、ページ内にユーザーが満足するコンテンツ量が必要になります。

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

文字数が多い方が良い。文字数が少なすぎると良くない。という意見もありますが、適切な量のコンテンツを書いた結果、文字数が多くなってしまったり、少なくなってしまう分には問題はありません。

 

8.適切なリンクテキストである

リンクテキストは、ユーザーへの利便性だけでなく、検索エンジンがページの内容を把握することにも役立ちます。

  • リンク先のページのテーマから外れたテキストや内容と関連のないテキストを使用する。
  • 検索エンジン向けに過度にキーワードが挿入されたアンカー テキストや長いアンカー テキストを使用する。
  • ユーザーのサイトのナビゲーションに役立たない不要なリンクを作成する。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

つまり、ユーザーの利便性を向上させるリンクは記事の質を上げるということです。

特に、ユーザーの利便性を損なう内部リンクの不適切なリンクテキスト、リンク切れには注意しましょう。

 

リンク切れ対策については、プラグインで簡単に実装することができるので、実装がまだの方はこちらの記事を参考にどうぞ。

関連記事:リンク切れを通知させるプラグイン【URLの不備チェックは対策必須】

 

9.広告が記事の邪魔をしていない

質の高い記事を作る目的としては、集客を行い、広告から収益を発生させることにあります。したがって、広告を掲載することは当たり前の行為になります。

しかし、広告の乱用や不自然な広告の掲載はユーザーの利便性を損ねる可能性があります。

 

Googleでも記事の邪魔をする広告のについて「避けるべき」と公言しています。

気が散る広告をページに掲載する。

引用:検索エンジン最適化スターターガイド

 

記事の邪魔にならないように広告を掲載するようにしましょう。

セールスライティングと共に関連性のある広告を掲載することがおすすめです。

 

まとめ

「質の高い記事」を書くことで、検索エンジンに好かれる&SNSでの拡散が狙えるといった記事が自然に出来上がります。

 

質の高い記事を書くための9つのチェック項目

  1. 有益な記事である
  2. 独自のコンテンツである
  3. 信頼性・専門性・権威性がある
  4. 適切なタイトルである
  5. 適切な見出しで区切られている
  6. 読みやすい文章である
  7. コンテンツの量が適切である
  8. 適切なリンクテキストである
  9. 広告が記事の邪魔をしていない

 

今回は、「質の高い記事」を書く方法をチェックリスト付きでご紹介しました。

 

Googleに好かれる記事であるには、「検索エンジン最適化」でも施す必要があります。

 

質の高いサイトの条件

  • 検索エンジン最適化(クローラビリティ、インデックスの最適化)
  • 質の高い記事(ユーザーファースト)

 

「検索エンジン最適化」については、ブログ記事で「検索エンジン最適化」する方法【7項目のチェックリスト付き】をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました